クーリングオフ費用の計算例

例 1 訪問販売で、現金価格15万円の商品を現金で購入した場合。
支払総額が15万円なので、「10万円以上20万円未満」の料金区分として計算。
報酬 10万円以上20万円未満の料金区分 報酬 10,500円 (消費税込)

便

1 販売店に対して内容証明郵便 1,510円
  配達証明書 + 本人控えのお届け (簡易書留)
2 費用明細、写し、資料の郵送 (普通郵便) 92円
1+2 の合計 実費合計 1,602円
 報酬 10,500円 + 実費 1,602円 = 12,100円  他に、銀行振込手数料

例 2 電話勧誘で35万円の資格教材を申し込んだ場合。
現金価格は35万円なので、「30万円以上」 の料金区分となります。
報酬 30万円以上の料金区分 報酬 13,000円 (消費税込)

便

1 販売店に対して内容証明郵便 1,510円
  配達証明書 + 本人控えのお届け (簡易書留)
2 費用明細、写し、資料の郵送 (普通郵便) 92円
1+2 の合計 実費合計 1,602円
 報酬 13,000円 + 実費 1,602円 = 14,600円  他に、銀行振込手数料
例 3 訪問販売で、現金価格28万円、分割支払総額38万円の商品を、
    クレジット契約を利用して購入した場合。
現金価格は28万円ですが、支払総額は38万円なので、
「30万円以上」 の料金区分として報酬計算します。
報酬 30万円以上の料金区分 報酬 13,000円 (消費税込)

便

1 販売店に対して内容証明郵便 + 配達証明書 2,918円
2 クレジット会社に内容証明郵便 + 配達証明書
  2件分の本人控えのお届け (簡易書留)
3 費用明細、写し、資料の郵送 (普通郵便) 92円
1+2+3 の合計 実費合計 3,010円
報酬 13,000円 + 実費 3,010円 = 16,010円  他に、銀行振込手数料
依頼方法 のページに戻る