クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応   
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
東京 関東 近畿 中部 だけでなく 日本全国 のクーリングオフ手続を代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
クーリングオフ手続代行が、確実な方法です
当事務所は、5500件 を超すクーリングオフ手続代行の実績がある、
クーリングオフ手続代行の専門事務所です。
行政書士のクーリングオフ代行が相手業者の説得や妨害を抑止するため、
早期解決効果 が期待できます。
日本全国から依頼することができます。
当事務所は日本全国対応 です。近所の事務所を探す必要はありません。
日本全国のクーリングオフ手続代行に対応します。
迅速な手続で 即日対応 も可能です。土日、夜間、最終日でも対応します。
クーリングオフは、書面による手続が必要です。
クーリングオフ手続とは、簡単に言えば、クーリングオフ期間内に、クーリングオフの意思表示を行った事実を証明する、証拠書類を確保する手続 です。
当事務所のクーリングオフ手続代行では、クーリングオフの確実な証拠書類となる、内容証明郵便 を利用して手続を行います。
  内容証明郵便で証明できること
クーリングオフ書類の作成と、郵送を代行します。
行政書士法第1条の3 第1項第3号に基づき、行政書士が書面作成代理人としてクーリングオフに係る内容証明郵便を作成し、郵送手続を代行します。
当事務所では、早ければ依頼当日に手続が完了します
クーリングオフ手続代行が、解約妨害を抑止します
クーリングオフ手続代行を利用すれば、自分でクーリングオフを申し出るよりも確実な手続となります。
自分でクーリングオフを申し出ると、担当者や販売店から、クーリングオフしないように説得を受けることがありますが、
専門事務所によるクーリングオフ手続では、相手業者が 「これ以上説得しても無駄だ」 と判断し、説得や勧誘をあきらめるため、早期解決効果が期待できます。
クーリングオフ手続の専門事務所です
当事務所は2001年に開業してから 15年以上 クーリングオフ手続を専門に扱っている、クーリングオフ手続代行の専門事務所です。
当事務所が扱ったクーリングオフ手続代行の依頼件数は、合計で 5500件 を超します。過去の事例や業者名など、当事務所の経験が確実性に寄与します。

当事務所のクーリングオフ手続代行は、早ければ依頼当日に完了します。
新東京郵便局から、ご自宅あて、内容証明郵便の本人控えが届きますので、クーリングオフ手続がきちんと行なわれたか、自分の目で書類を確認することが出来ます。
多くの方にとって、クーリングオフは、一生のうちに一度か二度、あるか無いかの手続です。一番確実なクーリングオフを希望される場合は、クーリングオフ手続代行の利用をお勧めします。
不慣れな手続は、クーリングオフ手続代行で簡単に
クーリングオフ手続は、一般に簡単そうなイメージがありますが、実際に自分でしようとすると、案外わずらわしく、時間に追われる手続です。

契約についての不安を抱える中、
業者への対応の心配をしながら、
短いクーリングオフ期間内に
クーリングオフ制度について自分で調べたり
自分でクーリングオフの通知書を作成して
郵便局から発送手続を行う。
業者側から説得や再勧誘を受けることも。

わずらわしい手続を専門事務所に任せることで、時間的な負担、精神的な負担、業者への対応の負担を軽減することができます。
一番確実なクーリングオフを希望されるなら、当事務所のクーリングオフ手続代行をお勧めします
このような場合にクーリングオフ代行がお勧めです。
相手業者や担当者が信用できない場合
高額な契約で、確実にクーリングオフしたい場合
既に代金を支払い済みの場合
クーリングオフ妨害や、説得を受けそうな場合
契約する際に強引な勧誘を受けた場合は、
クーリングオフする際にも注意が必要です。
クーリングオフ期間が残り少ない場合。
時間が無く、自分で書類を作る自信が無い場合

  クーリングオフ代行の流れ ご相談
             クーリングオフは、内容証明郵便で
クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応  
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
             日本全国のクーリングオフ手続を代行します
東京 関東 近畿 中部 だけでなく、北海道から沖縄 まで 日本全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。(不動産別)
Index に戻る