電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る 投資マンション 事例 一覧 連絡先/ご相談
投資マンション よくある解約妨害
投資マンションの契約は、極めて高額な契約であり、担当者に解約を申し出ても、簡単にはあきらめてくれません。

担当者にとって、数千万円の契約は、簡単に獲得できるものではなく、次の契約者を探すことは容易ではありません。

そのため、契約者を説得して解約を思い止まらせようとします。

契約者が自分でクーリングオフを申し出たり、自分で内容証明郵便を送っても、担当者がしつこく勤務先に電話をかけてきたり、自宅に押しかけてくるケースが多く見られます。

勤務先にしつこく電話を掛け、呼び出そうとする
電話を無視していると、職場で顰蹙をかうような、
いやがらせのような電話を繰り返すケース
自宅や勤務先に担当者が押しかけてくるケース
自宅前や職場付近で、待ち伏せをされるケース
違約金の請求や、訴訟などの脅しを受けるケース

一般的に、クーリングオフと言えば、多くの方が「クーリングオフの通知書を出せば、発送の時点で成立する」というイメージを持たれると思いますが、

投資マンションの契約では、担当者が通知書を無視して、勧誘を継続するケースが少なくありません。例えば、

クーリングオフしたい、という要望は判りましたが、
この件は通知書一枚で終わる話ではありません。
既に話しは動き始めているんです。このままですと、
違約金として売買代金の20%を払ってもらうことに
なります。
きちんとした理由を説明していただかないと。
当社には顧問弁護士もいます。
このままでは裁判ということにもなりかねません。
このまま会わないでいると、
あなたの立場が不利になるだけですよ。
話し合った結果、仮に解約するになったとしても、
直接会って書類を書いてもらう必要があります。

などと、呼び出して説得しようとしてくることがあります。

悪質な投資マンション契約のクーリングオフでは、内容証明郵便で手続きを行うことは勿論ですが、クーリングオフの通知書を送った後の対応が重要となります。

担当者からの解約妨害にいかに備えるか、解約妨害を受けた場合にどう対処するか、が重要なポイントとなります。

一般的なクーリングオフとは異なり、投資マンション契約のクーリングオフでは、担当者も簡単にはあきらめません。

「違約金として数百万円払うよう言われた」
「担当者が自宅に押しかけてきた」
「勤務先の付近で待ち伏せされた」
というケースは、残念ながら、決して珍しい事例ではありません。

担当者の妨害に遭い、途中で怖くなって、解約を断念してしまうケースも珍しくありません。

電話でクーリングオフを申し出たものの、担当者から「違約金が発生する」などと脅されてしまった
担当者に電話でクーリングオフを申し出たところ、

「契約は既に動き出しています。銀行にも既に話しを通してありますから、今さら解約はできません」

「どうしても解約すると言うのであれば、違約金を払ってもらう必要があります」

「違約金として、物件価格の20%、400万円を支払っていただくことになります。それでもいいんですか?」

「とにかく、この件は電話で済むような話ではありません。直接会って話しをする必要があります」

「話し合った結果、もし解約することになったとしても、手続きのための書類を書いてもらう必要があります」

「このまま会わないでいると、あなたの立場が不利になるだけですよ」

などと脅されてしまった。

自分でクーリングオフの内容証明郵便を送ったものの、担当者から呼び出され、結局、説得されてしまった
自分で販売店にクーリングオフの内容証明郵便を送ったところ、自分の勤務先に、担当者から何度もしつこく電話が来た。

最初のうちは居留守を使い、電話を無視していたが、担当者が職場の同僚に因縁をつけたらしく、同僚から「なんとかしてほしい」と苦情が来た。

担当者は、自分の職場に故意に迷惑をかけて、自分を電話口にあぶり出そうとしているようだった。

そのうち、担当者が、「上司を出せ」「上司の名前を教えろ」などと言い出したらしく、職場に迷惑がかかることに耐えられなくなり、自分が電話に対応することにした。

担当者からは、

「なんで電話に出なかったんですか!居留守を使うなんて、社会人として非常識でしょう!」

などと、散々なじられてしまった。そして、

「こんな紙切れを一方的に送り付けただけで、この件が終わりになる訳ないでしょう。もう契約は動き始めているんです」

「銀行にも話しを通してありますし、関係先にも、既にいろいろ動いてもらっているんです」

「とにかく、直接会って、理由を説明していただかないと」

「こちらには顧問弁護士もいるんです。そちらがそのつもりなら、こちらにも考えがあります」

「このまま会わないでいると、あなたの立場は、ますます不利になりますよ?」

などと脅されてしまい、会う約束をさせられてしまった。

電話を無視していたら、担当者が自宅にやってきた。
クーリングオフの内容証明郵便を送ったところ、そのことを知った担当者から、職場や携帯に何度も電話が来た。

電話に出ずに無視していたが、仕事が終わり、自宅に戻ったところ、夜遅い時間にも関らず、担当者が自宅を訪問してきた。

インターホン越しの対応で帰ってもらおうとしたが、そのうちオートロックをすり抜けてマンション内に入ってきたらしく、玄関先に居座り、ドアを開けるよう騒ぎ始めた。

最初のうちは無視していたが、いつまでも帰ってくれず、ドアを蹴ったりして騒ぎ続けたため、近所迷惑が気になり、無視できなくなってしまった。

仕方なく担当者を部屋に入れて、話しを聞くことになった。

担当者が勤務先の出入り口付近で待ち伏せしていた。
担当者が自宅前で、自分の帰りを待ち構えていた。
クーリングオフの内容証明郵便を送った後、担当者から勤務先に何度も電話が来たが、「強気が肝心」と思い、担当者からの呼び出しには応じなかった。

帰宅しようと勤務先を出たところ、勤務先の出入り口付近で担当者と出くわしてしまった。

担当者は、勤務先の出入り口付近で張り込みをして、自分が来るのを待っていたらしい。完全に目が合ってしまい、逃げる機会を失ってしまった。

そのまま担当者につかまり、近くのファミリーレストランに連れて行かれた。

しばらくすると、担当者の上司も合流して、2対1の状態で、深夜まで説得を受けることになってしまった。

投資マンション契約のクーリングオフ、契約解除。

専門事務所によるクーリングオフ手続代行と個人による手続。
業者側の対応は同じではありません。

自分一人で対応するより、まずは当事務所にご相談下さい。
よくあるクーリングオフ妨害の事例
       解約したいと申し出たら、呼び出された
       担当者が自宅・職場に押しかけてた
       担当者が自宅前・職場前で待ち伏せしていた
       契約書や重要事項説明書を渡されていない
       「まだ仮契約」「契約ではない」と言われた
       「まだ本契約ではない」と言われ、放置してしまった
  不動産の契約解除は、必ず 内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
  Index に戻る