クーリングオフ手続の代行と、ご相談
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る 投資マンション 事例 一覧 連絡先/ご相談
投資マンション よくある解約妨害
担当者が自宅や勤務先に押しかけてきた
投資マンションの契約をしたものの、やはり解約しようと考え、自分でクーリングオフの内容証明郵便を出した。

不動産会社に内容証明郵便が配達されると、すぐに担当者から電話が来た。

自分としては、「内容証明郵便を送れば、あとは無視すればよい」と思っていたので、電話には出ないでいた。
その日の夜、仕事から帰り、自宅にいたところ、夜遅い時間にも関らず、突然の訪問者があった。

インターホンに出てみると、不動産会社の契約担当者だった。内容証明郵便が届いたことを受けて、直接自宅に押しかけて来たようだ。

幸い、オートロックのマンションに住んでいたので、インターホン越しの対応で断ろうとしたが、担当者はしつこく粘り、いつまでも帰ってくれない。
しばらくすると、オートロックをすり抜けたらしく、自分の部屋のドアの前にやってきた。

部屋にいることは既に知られているため、担当者は何度もチャイムを鳴らし続けた。しばらく無視していたが、今度はドアを蹴ったり、大声でドアを開けるよう怒鳴り始めた。
近所迷惑になるので、仕方なくドアを開けたところ、担当者は自宅に上がりこみ、今までの対応を怒り始めた。

「書類が届いたので、驚いて駆けつけて来てみれば、何ですかこの対応は?心配して何度も電話をしたのに、ずっと居留守を使っていましたよね?」

「人としておかしいでしょう。それでも社会人ですか?」

「いきなりこんな書類を送り付けて、何のつもりですか?こんな書類が存在すること自体、当社の信用に関ります。今すぐ撤回して下さい」

「こんなものを送り付ける前に、私に相談してもらえれば、もっと穏便に解決することもできたんですよ?」

「当社としても、今後の対応を考える必要がありますね」

「これは数千万円もの契約の話なんです。こんな紙切れを一方的に送り付けて、それで終わる話しではありません」

「宅地建物取引士の方からも、重要事項について、詳しく説明を受けましたよね?詳細な説明を受けて、納得した上で、あなた自身の意思で契約をしたんですよね?」

「他のお客様からの申し込みは全て断って、あなたのために物件を確保してあるんです。関係先にも、既に動いてもらっているんです」

「当社の信用に基づいて、銀行にも話しを通してあるんです。既に銀行からローンの内定も貰っていますから、これでは当社の信用問題となります」

「銀行に対する当社の信用が損なわれますので、ことと次第によっては、裁判になるかもしれません」

「もう契約は動き出しているんです。あなた一人の問題ではないんです。今さら理由も無く一方的に解約することはできません」

「クーリングオフは書面を出せば一方的に成立する?」
「何を言っているんですか?」
「いま、そういう話しをしているんじゃないでしょう」
「話しを逸らさないで下さい」

「あなたの不誠実な対応について、どう責任をとってくれるのか、関係先にどう謝罪するのか、人としてどう責任を取るのか、そういう話しをしているんでしょう」

「正式な契約である以上、あなた一人の勝手な都合で、いまさらどうこうできる話しではありません」

「どうしても解約するということであれば、当然、営業妨害、損害賠償の話になります。契約書にも、違約金は売買代金の20%と書いてありますよね?」

「物件価格2200万円の20%ですから、違約金は440万円です。どうしても解約したいということであれば、違約金として440万円を支払ってもらいます」

「それでもいいんですか?」

「納得できる理由があれば、こちらとしても一応考慮はしますが、正当な理由もなく解約を申し出ているのであれば、当社としても考えがあります」

などと、担当者から責められてしまった。
何とか断ろうとしたものの、自宅で担当者と2人きりの状態が続き、担当者の迫力におされてしまった。

「違約金を請求する」「裁判になる」という担当者の説明に怖さを感じ、結局、契約をそのまま継続することに同意させられてしまった。

担当者に促され、契約書を書き直すことになってしまった。
よくあるクーリングオフ妨害の事例
       解約したいと申し出たら、呼び出された
       担当者が自宅・職場に押しかけてた
       担当者が自宅前・職場前で待ち伏せしていた
       契約書や重要事項説明書を渡されていない
       「まだ仮契約」「契約ではない」と言われた
       「まだ本契約ではない」と言われ、放置してしまった
           不動産の契約解除は、必ず 内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
       日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
北海道 から 沖縄 まで 日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
  Index に戻る