クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応   
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
東京 関東 近畿 中部 だけでなく 日本全国 のクーリングオフ手続を代行します
Index に戻る 投資マンション 事例 一覧 連絡先/ご相談
投資マンション よくある解約妨害
「まだ仮契約で、契約ではない」と説明された
ファミリーレストランで不動産会社の担当者と会い、投資用のワンルームマンションの勧誘を受けた。

自分としても、投資には興味があったので、「前向きに考えたい」と担当者に伝えた。

担当者からは、

「ありがとうございます。それでは、銀行でローンが組めるか、試しに審査にかけてみましょう」

「ローンの審査を受けるには、申込書の提出が必要になりますので、今日のところは申込書を書いて下さい」

「あくまで形だけのものです。仮契約のようなもので、正式な契約ではありません。正式な契約は、審査が通ってからになります」

「次回お会いする日までに、住民票と印鑑登録カード、それから源泉徴収票や確定申告書の写しを用意しておいて下さい」

などと説明され、幾つかの書類にサインをさせられた。

サインをした書類については、「銀行に提出しますので、当社で保管させていただきます」とのことで、本人控えは渡してもらえなかった。

渡されたのは、担当者の名刺と、物件の概略の書かれたチラシと、ローン返済のシミュレーション表だけだった。
契約をした認識が無かったので、軽く考えていたが、

相手の会社名をインターネットで調べてみたところ、評判が芳しくなく、次第に不安を感じるようになった。

担当者からは、「毎月の家賃収入でローンを払えばよい」「負担は月に数千円程度しかない」と説明されていたが、

もし空き室が発生すれば、家賃収入は無くなるので、その間、自分でローンを払う必要がある。

20年後、あるいは30年後、古くなったワンルームマンションに、安定して入居者が集まるのだろうか。家賃を下げないと入居者が集まらないのではないか?

2000万円の物件を、35年ローンを組んで購入すれば、ローンの支払総額は3000万円近くなる。35年間、無事にローンを払い続けることが出来るのか?

いろいろ考えると心配になってきた。
担当者に電話を入れ、

「ローンを払っていく自信が無い」「契約はしたくない」「キャンセルしたい」と申し出た。

しかし、担当者からは、

「申し込みから8日間が経過していますので、もうキャンセルはできません」

「物件は既に確保してありますし、銀行からもローンの内定が出ています」

「手続きもかなり進んでいますので、いまから解約すると違約金が発生します」

「少し不安になっているようですね?高額な契約ですから、不安になる気持ちも判ります。今夜そちらに伺いますので、お会いしましょう」

「今後の返済プランについて、検討してみましょう。疑問点についても、詳しく説明させていただきます」

などと、担当者から呼び出されてしまった。
申込書の本人控えを渡されていないため、何の書類にサインをさせられたのか、自分ではよく判らない。

購入申込書だったのか、仮契約の書類だったのか、それとも正式な契約書だったのか、よく覚えていない。
申し込みの際、担当者からは、「仮契約です」「まだ正式な契約ではありません」と説明されたはず。

確かに、申し込みをしてから既に8日間が経過しているが、「キャンセルできない」「解約できない」という担当者の説明には、納得がいかない。

担当者から、「違約金が発生する」と言われたが、今からでも解約できないだろうか?

  注意が必要な「仮契約」「仮の申し込み」
よくあるクーリングオフ妨害の事例
       解約したいと申し出たら、呼び出された
       担当者が自宅・職場に押しかけてた
       担当者が自宅前・職場前で待ち伏せしていた
       契約書や重要事項説明書を渡されていない
       「まだ仮契約」「契約ではない」と言われた
       「まだ本契約ではない」と言われ、放置してしまった
           不動産の契約解除は、必ず 内容証明郵便で
クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応  
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
           日本全国のクーリングオフ手続を代行します
東京 関東 近畿 中部 だけでなく、北海道から沖縄 まで 日本全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
Index に戻る