クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応   
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
東京 関東 近畿 中部 だけでなく 日本全国 のクーリングオフ手続を代行します
Index に戻る 投資マンション 事例 一覧 連絡先/ご相談
投資マンション
申込書や契約書を渡されない
悪質な担当者は、サインをさせた購入申込書や契約書をその場で回収し、本人に渡さないことがあります。

ローンの審査に必要な書類なので、
この書類は当社が預かり、銀行に提出します
ローンの面接が終わりましたら、書類をお渡しします

などと言って、書類を持ち帰ってしまうことがあります。

名刺しか渡されていない
物件概要のチラシしか渡されていない
ローン返済のシミュレーション表しか渡されていない
中には、「名刺も何も渡されていない」というケースも

そのため、

どんな書類にサインをしたのか
購入申込書だったのか
契約書だったのか
重要事項説明書だったのか
ローン審査のための書類だったのか
何かの委任状だったのか

本人控えを渡されていないため、よく判らないことがあります。

クーリングオフ手続をするべきかどうか、
書類が無いと、その判断が遅れてしまう。
書類の内容を自分で確認できないため、
申し込みや契約をした認識があまり無く、
高額な契約をしたという自覚が薄くなってしまう
手続きがどこまで進捗しているのか、
契約書類が手元に無いと、実感が湧かない。
名刺とローン返済のシミュレーション表、
物件のチラシしか渡されていないため、
物件の売主が誰なのか、よく判らないことも

また、悪質な担当者が、実際には重要事項説明を行い、売買契約書にサインさせているにもかかわらず、「まだ契約にはなっていない」などとウソを言って、混乱させることもあります。

よくある、誤解を招く説明
まだ仮契約で、本契約ではない
これは、仮の書類です。仮契約書です。
ローンの審査のためのもので、契約書ではない
ローン契約がまだなので、正式な契約ではない
書類は、ローン面接が終わったらお渡しします。

この、

「まだ正式な契約ではない」と説明する
契約書類の控えを、本人に渡さない

という行為は、宅地建物取引業法上、問題のある行為ですが、悪質な投資マンション業者で多用されている手法です。

契約書類を渡さないことにより、
契約者が解約したいと考えても、
契約書類が無いため、契約の詳細が判らない。
解約しようとすれば、担当者と連絡をとるしかない
という、監視しやすい状況を作り出すことができる。
契約者が解約を考え始めたら、すぐに把握できる。

  契約書や重要事項説明書を渡されていない
銀行のローン面接を急がせる業者があります。
特に注意を要するのは、

契約書類を渡さないことで、
高額な契約をした認識を希薄にさせて時間を稼ぎ、
契約手続きを一気に進めて、逃げられないようにする。
解約したいと考え始める前に、
銀行のローン面接を受けさせ、銀行融資を実行させる。
売買代金が販売店(売主)に全額支払われ、
物件の引渡が完了すれば、それ以降、
クーリングオフや手付解除が困難となる。

銀行のローン面接まで一気に手続きを進められてしまい、いつのまにかクーリングオフや手付解除が困難な状況に持ち込まれてしまうケースがあります。

よくあるトラブル
マンション経営について、担当者から呼び出され、ファミリーレストランで説明を受けた。

しばらく説明を聞いていたが、そのうち担当者から、

「ローンが通るか、試しに審査を受けてみましょう。審査を受けるために、この書類に記入して下さい」

「これはあくまで仮の契約です。銀行でローン審査を受けるための、便宜上のものですから、正式な契約書ではありません」

「この物件について、購入を検討していますよ、購入の意思はありますよ、ということを、銀行に説明するための書類です」

「ローンの審査が通りましたら、そこから本契約の手続きに入ります」

「この書類は、ローンの審査を受けるために銀行に提出しますので、当社で大切に保管させていただきます」

などと説明され、とりあえず仮契約ということで、書類にサインをすることになった。

担当者からは、「他に必要な書類は、私が取りに行きます」と言われ、市役所で書類を取るための委任状も書かされた。
その後、1週間ほど経ってから、銀行でローンの面接を受けさせられた。
ローン面接を受けて数日経ってから、契約書が自宅に郵送されてきた。
契約書を受け取ってから、マンション経営について、自分なりにいろいろ検討してみたが、やはり契約をやめたいと思うようになった。
そこで、担当者に電話をして、クーリングオフしたいと申し出ることにした。

自分としては、ローン面接の日が本契約の日だと思っていたので、「契約から8日間以内だし、まだクーリングオフできるはず」と思っていたが、

担当者からは、

「銀行からの融資が実行されて、売買代金の支払いは完了しています」

「売買代金の全額の支払いが完了していますし、物件の引渡しも完了していますので、もう解約は出来ません」

「クーリングオフはもちろん、手付解除も出来ません」

などと言われてしまった。
契約書を確認すると、契約日が、担当者とファミリーレストランで会った日の日付けになっていた。

契約書を渡されるのが遅かったため、今まで気付かなかったが、ファミリーレストランで書いた書類が、正式な売買契約書だったことに、ようやく気が付いた。

    銀行のローン面接を急がせる業者があります。
    申込書にサインした場合、申し込みの撤回が必要となります
注意が必要な勧誘
      注意が必要な「仮契約」「仮の申し込み」
      申込書にサインした場合、申し込みの撤回が必要に
      申込書や契約書を渡されないケースがあります。
      注意が必要な「自宅」や「職場」での契約・申し込み
      銀行のローン面接を急がせる業者があります。
      投資マンション/本当に有利な投資なの?
      投資マンション契約/よくある解約妨害の事例
           不動産の契約解除は、必ず 内容証明郵便で
クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応  
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
           日本全国のクーリングオフ手続を代行します
東京 関東 近畿 中部 だけでなく、北海道から沖縄 まで 日本全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
Index に戻る