電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る 投資マンション 事例 一覧 連絡先/ご相談
銀行のローン面接を、急がせる業者
よくあるご相談
契約書を書いてから数日後に、銀行のローンの面接を受けさせられた。
銀行のローン面接を受ける1時間前に、担当者と会って契約書を書かされた。
ローン面接が終わり、数日経ってから売買契約書の本人控えが郵送された。
まだ8日間が経過していないのに、「既に銀行からの融資が実行されている」
「クーリングオフはできない」と言われた。

投資マンションの契約では、担当者が契約関係書類を持ち帰ってしまい、銀行でのローン面接が終わるまで、契約書の本人控えを渡されないケースがあります。

また、売買契約書にサインした直後に、時間を与えられないまま、銀行のローン面接を受けさせられる場合があります。

本来であれば、宅地建物取引業者には

重要事項説明書の交付義務 宅地建物取引業法35条
契約書の交付義務 宅地建物取引業法37条

が課せられていますが、投資マンションの契約では、残念ながら、書面交付義務が守られないことがあります。これは、

監視しやすくするため
契約者が解約しようと考えた場合、契約関係書類が手元に無いと、契約内容の詳細を確認できない。
解約しようと考えれば、担当者と連絡をとる必要が生じるため、担当者は契約者の動向を把握しやすくなる。
解約を望む気配があれば、即座に説得にかかり、解約を阻止しようとする。そのため、故意に契約書を渡さない。

という理由もありますが、他にも、

考える時間を与えないため
書類を渡さず、考える時間を与えない。時間稼ぎをして、一気に手続きを進め、解約できない状況に持ち込む。
契約者が解約したいと考え始める前に、急いで銀行のローン面接を受けさせ、銀行の融資を実行させる。
売買代金が売主に全額支払われ、物件の引渡しが完了してしまえば、それ以降の契約解除が困難となる。
クーリングオフ期間内であっても、クーリングオフ制度が利用できなくなり、手付け解除も利用できなくなることに。

という理由があります。

売買代金が売主に全額支払われ、
物件の引渡が行われると、
それ以降の契約解除は極めて困難となります

これは、クーリングオフ制度が利用できなくなる場合の一つに

宅建業法第37条の2 第1項 第2号
申込者等が、当該宅地又は建物の引渡しを受け、
かつ、その代金の全部を支払つたとき。

この状態に該当すれば、クーリングオフ制度が利用できなくなる、という規定があり、仮に、まだ申し込みから8日間以内であったとしても、

売買代金が売主に全額支払われ、かつ物件の引渡が行われてしまうと、上記の規定により、クーリングオフ制度が利用できなくなります。

また、クーリングオフだけでなく、手付解除についても同様に、

宅地又は建物の引渡しを受け、かつ、その代金の全部を支払つたとき。

この状態に該当すれば、手付解除もできなくなると考えられます。

       投資マンション クーリングオフ制度
       投資マンション 手付解除

もう一度書きますが、

売買代金が売主に全額支払われ、物件の引渡が行われると、仮にクーリングオフ期間内であっても、それ以降の契約解除は極めて困難となります。

既に銀行のローン面接の日程が決められた場合や、
ローン面接が直前に迫っている場合、
解約可能な時間は残り少なく、状況は切迫しています。
既にローン面接を受け終わってしまった場合、
あとは残された僅かな時間との勝負となります。
よく判らない場合は、当事務所にご相談下さい。
注意が必要な勧誘
      注意が必要な「仮契約」「仮の申し込み」
      申込書にサインした場合、申し込みの撤回が必要に
      申込書や契約書を渡されないケースがあります。
      注意が必要な「自宅」や「職場」での契約・申し込み
      銀行のローン面接を急がせる業者があります。
      投資マンション/本当に有利な投資なの?
      投資マンション契約/よくある解約妨害の事例
  不動産の契約解除は、必ず 内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
  Index に戻る