電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る 電話勧誘 2次被害 事例集 連絡先/ご相談
典型的な教材の電話勧誘
「同じ会社から何度も勧誘が来る」
ある日、突然職場に電話があり、

「資格講座のご案内をしています。行政書士の資格に興味がありませんか?転職や独立開業に役立つ資格です。よろしければ資料をお送りします」

などと説明を始めた。資格には興味があったので、名前や住所、電話番号などを伝えたうえ、軽い気持ちで資料を送ってもらうことにした。

送られてきた封筒の中に、なぜか契約書とクレジットの申込書が入っていた。

書類が届いた後、担当者から再び勧誘の電話がかかってきた。この時点では、まだ資格取得に興味があったので、勧めに応じ、契約書に記入をして返送した。

2週間後、段ボール箱に入った教材が届いたものの、仕事が忙しく、結局勉強はせずに、クレジットの支払だけを続けていた。
数年が経ち、クレジットの支払いがもうすぐ終わる頃になって、再び電話があった。

「あなたが3年前に契約した行政書士講座ですが、その後の状況は如何ですか?まだ行政書士試験には合格されていないようですね」

「この講座は生涯教育の契約ですので、試験に合格するまでが契約期間です。講座はまだ継続していますので、法改正で古くなった教材を新しく買い直していただく必要があります」

「国から助成を受けている人材育成事業ですから、合格しない状態で勝手に止めることはできません」

「もし受講を辞める場合は、自宅学習用の教材に切り替えていただいて、自宅学習を続けることにより、講座を修了して頂く必要があります」

「講座の受講継続の場合、受講料と教材費で80万円が必要となりますが、もし自宅学習に切り替えた場合は、40万円で済みます」

「受講を継続しますか?それとも、自宅学習に切り替えますか?」

と言われた。さすがに今回はおかしいと思い、断ろうとしたものの、

「生涯学習の契約です。合格せずに勝手に止めることはできません。国から助成を受けているので、当社の信用にも関わります」

「今回契約していただければ、これが最後となります。自宅学習に切り替えていただければ、特例措置により受講を修了した扱いとなりますので、今後費用は発生しません」

と、しつこく勧誘を受けた。

「今回で終わりなら・・・」と、つい契約をしてしまったが、
次の年、また同じように「今回こそ最後ですから」などと勧誘が来た。
本当に生涯教育の契約なのか、不審に感じるものの、一番最初の契約書は既に捨ててしまったため、本当かどうかよく判らない。

さらに、最近似たような会社名の業者から、「あなたの契約は当社に移りました。契約の更新が必要です」などと電話が来るようになった。

また、よくわからない業者から、「過去に通信講座の契約をしませんでしたか?」「電話勧誘に困っていませんか?」 という電話も来るようになり、気味が悪い。電話に出るのが不安に感じる。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
教材の電話勧誘  典型的なセールストーク
       「いまなら助成金が出ます」
       「あなたは推薦を受けた」
       「契約は継続している。受講はまだ修了していない」
       「契約を更新するか、修了する必要がある」
       「今後勧誘が来ないよう、名簿から削除してあげる」
       「今後、勧誘電話が来ないようにしてあげます」
       「同じ会社から何度も勧誘が来る」
       よくある威迫、クーリングオフ妨害トーク
 クーリングオフ手続は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
 日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る