電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
キャッチセールス  さまざまな事例
  エステのキャッチセールス
エステの体験利用の名目で声をかけられたり、ダイエットモニター募集の名目で呼び止められます。

そのままエステサロンに連れて行かれる場合もあれば、後日、電話などで体験利用の名目でお店に誘われることもあります。
  美顔器や化粧品のキャッチセールス
美容に関するアンケートや、無料肌診断、ネイルサロン利用の名目で呼び止められます。

そのまま営業所に案内されたり、後日、電話などで営業所に来るよう誘われ、美顔機や化粧品などの商品を購入するよう勧誘されます。
  オーディション商法
東京などの都市部で多く見られる勧誘です。

原宿などの路上で、モデルのスカウトの名目で呼び止められ、後日、オーディションに参加するよう勧められます。

興味を持ってオーディションを受けてみたところ、合格し、芸能事務所への登録と、宣材写真の撮影料、レッスン料の負担などを求められます。

中には、「モデルになるのだから、まず自分を磨かないと」などと、エステの契約をするよう求められることもあります。

キャッチセールスの他に、広告で募集するタイプ、例えば、エキストラ募集の広告や、声優のケースもあります。

金額的には、数万円〜10万円程度のタイプと、30万円〜80万円程度のタイプとがあります。

アポイントメントセールスに該当する場合や、業者側が自主的にクーリングオフ特約を設けている場合もありますが、

一部の業者は、頑ななまでにクーリングオフを拒絶し、逆に脅してきたりすることもあります。契約金額が少ないほど、頑なに拒絶する傾向が見られます。

  絵のキャッチセールス・絵画商法
路上で「絵の展示会をやっています」などと、突然呼び止められ、そのまま近くのギャラリーに連れて行かれます。

お店に入り、絵の説明を受けているうちに、絵画を購入するようしつこく勧誘を受け、契約に応じないと帰れない状況となってしまいます。
  英会話スクール (書店 就職活動)
書店や路上で声をかけられ、アンケートを受けさせられます。就職活動の行き帰りに呼び止められ、アンケートを受けさせられることもあります。

後日、アンケートで入手した電話番号を利用して、電話でスクールに来るよう誘われたり、「就職に有利になる情報がある」などと、説明会に参加するよう誘われます。

「英会話講座」や、「英会話講座+パソコン講座+就活対策講座の複合契約」を勧められたりします。

  手相占いや鑑定名目のキャッチセールス
自己啓発講座 印鑑 ジュエリーの霊感商法
駅前や路上で声をかけられ、手相占いや顔相占い、姓名鑑定を受けるよう誘われます。

鑑定を受けると、「運気が悪い」「人生の転機が訪れている」「運気を良くしないと」などと、印鑑の購入や、自己啓発講座への参加を勧められます。

  SF商法・催眠商法
主に、高齢者を狙うキャチセールス
高齢者を説明会場に誘い込み、無料の景品を配るなどしてハイテンションにさせ、最終的には寝具・健康器具・電位治療器や健康食品などを購入するよう、勧誘します。
別名 100円商法・ハイハイ商法とも呼ばれる勧誘手法です。

ウォーターサーバーの当選商法
ショッピングモールなどで呼び止められ、ウォーターサーバーのレンタルと、天然水の毎月の定期購入を勧められます。
勧められてくじを引いたところ、2等が当選し、ウォーターサーバーのレンタル料が無料となった。ただ、天然水を毎月3,000円程度で定期購入しなければならないため、やはりクーリングオフしたい、などのご相談が寄せられています。
音楽や映像の配信契約の当選商法
ショッピングモールなどで呼び止められて、音楽や映像などの配信サービスの契約を勧められます。
「くじ引きに当選して、配信を受けるための機器のレンタル料が無料になった」「当選したと言われ、嬉しくなり、ついつい契約してしまったが、毎月の視聴料の支払いを考えると、やはり負担に感じるので、クーリングオフしたい」 というご相談が寄せられています。
映画鑑賞券(2万円〜3万円)
東京のターミナル駅付近を歩いていたら、男性に呼び止められて、映画鑑賞券のセットを購入するよう、路上で勧誘された。

契約を断っていたら、数人の怖そうな男性に囲まれ、脅されてしまった。怖くなり、代金をその場で払わされることになった。
映画のチケットは、決められた日時の、決められた場所での上映会でしか利用できず、使い物にならない。
クーリングオフのはがきを送ってみたが、まるで相手にされず、返金も無い。

電話をしても、営業時間が週に1日のみ、しかもわずか数時間のみの営業で、ほとんど連絡がとれない。また、その時間帯に電話を入れても、電話に出てくれなかった。

キャッチセールスの事例について、詳しくは、

  キャッチセールス 事例集

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
キャッチセールスと特定商取引法
街中で、突然声をかけられるキャッチセールス。

アンケートや無料体験、キャンペーンなどの名目で路上で呼びとめ、勧誘する目的を隠しつつ、そのまま営業所に案内したり、連絡先を聞き出して、後日電話で呼び出そうとします。

当日勧誘
そのまま少し離れた営業所に連れて行く
喫茶店等に連れて行き、その場で勧誘を行う
路上でそのまま契約させることも
後日勧誘
アンケートと称して個人情報を聞き出し、
後日、電話などで呼び出すこともあります。

勧誘の意図を隠して接近し、お店や営業所などに誘い込み、突然、勧誘を開始するため、不意打ち的で、問題のある勧誘手法といえます。そのため、特定商取引法第6条第4項においては、キャッチセ-ルスについて、下記の行為を禁止しています。

勧誘をするためのものであることを告げずに
営業所等以外の場所において呼び止めて同行させること
その他政令で定める方法により誘引した者に対し、
公衆の出入りする場所以外の場所において、
当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について
勧誘してはならない。

「公衆の出入りする場所以外の場所において」とは、公衆が自由に出入りすることの出来ない場所、つまり公衆の目の届かない場所、という意味ですから、例えば、販売店の営業所や事務所などが、これに該当します。

逆に、多数の一般客(公衆)のいる、個室ではない飲食店や、ファミリーレストランは、「公衆の出入りする場所」に該当します。

ちなみに、カラオケボックスは、密室性があり、公衆の目が届かないため、「公衆の出入りする場所以外の場所」となります。

経済産業省 H25.2.20 通達
(4) 法第6条第4項の解釈について

(イ) 「公衆の出入りする場所以外の場所において」とは、不特定多数の一般人が自由に出入りしていない場所において、の意味である。個々のケースにおいては実態に即して判断されることとなるが、例えば、事業者の事務所、個人の住居、ホテルの部屋や会議室、公共施設等の会議室、カラオケボックス、貸し切り状態の飲食店等は該当するものと考えられる。

(ロ) 本項で規定する方法により誘引した者に対して、公衆の出入りしない場所で勧誘することは、すべからく本項に違反する行為となる。例えば、誘引した者に対し、公衆の出入りする場所で勧誘を始め、その後公衆の出入りしない場所で勧誘を行った場合でも、本項に違反する行為となる。

しかし、残念ながら、この規制はあまり守られていません。

いわゆるキャッチセールスに該当する場合
営業所やお店で契約した場合であっても、訪問販売として、
クーリングオフ制度の対象となります。(特定顧客)
訪問販売 特定商取引法2条1項2号

喫茶店や飲食店、路上などで契約した場合
「販売業者の営業所等以外の場所」でした契約として、
訪問販売に該当し、クーリングオフ制度の対象となります。
訪問販売 特定商取引法2条1項1号

お店で契約したのに訪問販売

というと、少し不思議に感じるかも知れませんが、これは大切なポイントです。

よくあるご相談
契約書に書かれている「クーリングオフのお知らせ」を読んだところ、

  「訪問販売または電話勧誘販売でお申し込みされた場合は、
   書面により、無条件にクーリングオフすることができます」

と書かれていた。

自分の契約は、自宅への訪問販売ではなく、お店でした契約であり、
これが訪問販売に該当するのかよく判らない。

クーリングオフの対象になるのだろうか?

というご相談が寄せられることがあります。

お店や営業所で契約した場合であっても、キャッチセールスやアポイントメントセールスに該当するのであれば、クーリングオフ制度の対象となります。

よく判らない場合は、当事務所にご相談下さい。
 クーリングオフ手続は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
 日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る