クーリングオフ手続の代行と、ご相談
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
美顔器、化粧品、エステ のキャッチセールス
繁華街の路上で、突然呼び止められる 「キャッチセールス」。 美容に関するキャッチセールスについてのご相談が寄せられています。

エステのキャッチセールス
美顔器・化粧品・健康食品のキャッチセールス

まずは、アンケートや無料体験、キャンペーンなどの名目で若い女性に声をかけ、路上で呼びとめます。

美容に関するアンケートを行っております。アンケートにご協力下さい。
無料で美容診断を行っています。美肌診断やカウンセリングが利用できます。
キャンペーンで体験エステが受けられます。
1,000円で体験エステが利用できます。
ネイルのサービスが利用できます。
ダイエットモニターを募集しています。

勧誘目的を隠して接近し、少し離れた場所にある営業所へ、そのまま連れて行ったり、アンケートで聞き出した電話番号などを利用して、後日、営業所に呼び出したりします。

当日勧誘
そのまま少し離れた営業所に連れて行く
喫茶店等に連れて行き、その場で勧誘を行う
後日呼び出して勧誘
アンケートと称して個人情報を聞き出し、
後日、電話などで呼び出すこともあります。

営業所に入ると、警戒心を解くために、まずは美容に関する詳しいアンケートを行ったり、無料肌診断や、エステの無料体験、ネイルのサービスを提供し、勧誘のきっかけ作り、セールスの下準備を行います。

扱われる商品は、

高額な超音波美顔器や、美容機器など
化粧品セット
健康食品セット、サプリメントセット
補整下着のセット

エステのキャッチセールスについて、詳しくは

  エステのキャッチセールス

などが多く、商品の金額は、10万円〜50万円程度のものが多く見られます。

例えば、東京都では、渋谷、新宿、池袋、銀座、町田などで多く見られます。

美容に関するキャッチセールスには、他に、「モデル募集」「タレント募集」を名目とする「オーディション商法」などもあります。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
よくある勧誘の流れ
繁華街を歩いていたところ、突然声をかけられた。

「美容に関する調査を行っています。アンケートにご協力下さい」

「アンケートに協力してくれた方には、無料で美肌診断を行っています」
「10分ほどで終わりますから」

などと、アンケートへの協力を求められた。
アンケートは近くの事務所で行うらしく、小さなビルの一室に案内された。

事務所に入ると、担当者が変わり、白衣を着た人からアンケート受けた。
いくつか質問をされながらアンケートを受け終わると、今度は、

「それでは、これから美肌診断を行います」 と言いながら、何か機械のようなもので顔の肌を調べ始めた。

しばらくすると、白衣を着た人が、

「見て下さい。この機械を使って見てみると、顔にこんなに沢山、シミの予備軍があるのが判ります」

「肉眼では判り難いかもしれませんが、これらはすべて、将来のシミの元なんです。毎日、紫外線を浴び続けたことで、いつのまにか、こんなにお肌のダメージが蓄積されていたんです」

「このまま何もしないでいると、将来、顔にこんなに沢山のシミがきる、ということです」

「こちらも見て下さい。ほら、ここに、ほいれい線のようなものがあるのが判るでしょう。将来、この線に沿って、しわができる、ということです」

「この拡大画像を見て下さい。角質も、こんなに傷んでいます」

「女性の肌は、成長が止まる18歳頃を過ぎると、紫外線のダメージに弱くなり、老化が始まるんです」

「若い女性は、自分が若いと思って油断しがちですが、気付かないうちに、これだけのダメージが蓄積されているんです」

「食生活もだいぶ偏っているようですね。野菜や繊維質、必要栄養素の不足は、肌荒れの原因となります」

「とても20代のお肌とは思えない状態です。このままでは、あと5年くらいで、このシミの予備軍が顔の表面に出てきます」

「シミ対策だけでなく、ほうれい線、しわ、顔のたるみについても、今のうちから対策をとらないと」

「プロのモデルさんは、10代の頃からエステに通って、美肌対策を始めているんですよ」

「とはいえ、費用もかかりますし、普通の人がエステに通い続けるのは難しいですよね?」

「エステは無理としても、自宅に美顔器があれば、毎日自宅でホームエステを利用することができます」

「この美顔器を、自宅で毎日使い続ければ、毎日エステに通うのと同じような美肌効果があります」

「当たり前のことですが、週に1回だけエステに通うよりも、毎日ホームエステを続けた方が、効果があると思いませんか?」

「お肌を健康的に美しくするには、身体の内側からも綺麗にしないと」

「ビタミンCやビタミンK、繊維質など、不足している栄養素を、このサプリメントで補わないと」

「シミの予備軍は、紫外線を浴びてできたメラニンが、お肌に蓄積したものです。シミとしてお肌に沈着する前に、このサプリメントを使って体外に排出しないと」

「若くて回復力も強い、いまのうちから対策を始める必要があります。あと数年もすると、手遅れになってしまいます」

などと、美顔器とローション、サプリメントを購入するよう勧誘を始めた。
アンケートだと思って事務所を訪れたのに、不意に商品の勧誘が始まってしまい、帰るに帰れない状況となってしまった。

買うつもりも無かったので、「必要ないし、そんなお金はありません」と断ろうとしたものの、相手はあきらめてくれない。そのうち、

「値下げしてもらえるよう、上司と交渉してみます」

「いまお金が無くても心配いりません。クレジットが利用できますから、月々6,000円で、毎日ホームエステが利用できるようになります。月に1回エステを利用するよりも、ずっとお徳ですよね?」

「商品を購入して頂いた方は、サービス特典として、無料エステを利用することができます」

「普段は美顔器を使ったホームエステを利用していただいて、ときどき、お店に来て無料エステを受ければいい。高額なエステに通うよりも、はるかにお徳です」

などと長時間の勧誘が続いた。

断ろうとしても、すぐに切り返されてしまい、契約しないと帰れない雰囲気になってしまった。

結局、断ることが出来ずに、契約してしまった。
「商品を購入すれば、無料エステが利用できる」 というセールストーク
美容に関するキャッチセールスで、注意が必要なのは、

商品を購入すれば、無料エステが利用できる

というセールストークです。

エステの契約をしたと思い込んでいたが、実は単なる商品購入契約だった。
中途解約制度を利用しようとしたら、断られた。
「無料エステは、単なるオマケです」「これはエステの契約ではない」と言われ、中途解約を断られてしまった。

単なる商品購入契約を、エステの契約と錯覚させるキャッチセールスが少なくありません。

この美顔器を購入すれば、毎日自宅でホームエステを利用することができる。
この化粧品セットを購入すれば、お店に備え付けの美容マシンを利用して、
セルフエステを受けることができます。購入者限定の無料サービスです。
この美容器を購入した方は、お店に来て、無料エステを受けることが出来ます。普段は自宅でホームエステを利用して、ときどきお店に来て、無料エステを受けるといい。

エステに通うくらいなら、この美容器を購入して、毎日頑張ればいい。エステに通うよりもお徳。

などと、紛らわしい説明で、商品購入を勧める事があります。 問題となるのは、

キャッチセールスに該当する場合、クーリングオフ制度(8日間)が利用できる点について問題は無いものの、
それが単なる商品売買契約で、エステの契約に該当しない場合、中途解約制度(8日間経過後)が利用できない場合があります。
つまり、「あとで中途解約すればいい」と軽く考えてクーリングオフしないでいると、解約できなくなる場合があるということです。

もちろん、契約全体を実質的に判断して、

商品購入契約と無料エステは密接不可分で一体をなす取引であり、
実質的にエステの契約である

という考え方ができる可能性もありますが、

販売店から、「無料エステはあくまでオマケ」「エステの契約には該当しない」「単なる商品売買契約である」「中途解約制度は利用できない」などと主張され、トラブルとなるケースが少なくありません。

キャッチセールスによる、美顔器・化粧品の購入契約
訪問販売 (特定商取引法2条1項2号)
クーリングオフ制度のみ
エステのサービス契約と関連商品購入契約
特定継続的役務提供契約 (特定商取引法41条)
クーリングオフ制度
中途解約制度

なお、エステのクーリングオフ制度、中途解約制度については、
下記のページを参考にして下さい。

     エステのクーリングオフ
     エステの中途解約
     エステのキャッチセールス
          クーリングオフ手続の方法は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
       日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
北海道 から 沖縄 まで 日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る