クーリングオフ手続の代行と、ご相談
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
エステ のキャッチセールス
路上で突然声をかけられ、「エステの体験利用」などの名目で、エステサロンに来店するよう誘われる、「エステのキャッチセールス」

繁華街の路上を歩いていると、

キャンペーン中につき、エステが体験利用できます。
今なら1,000円でエステを体験利用できます。
ダイエットモニター募集中です。モニターになれば格安でエステが利用できます

などと声をかけられ、エステの体験利用を勧められることがあります。また、

美容に関するアンケートを行っております。アンケートにご協力下さい。

などと、アンケート名目で個人情報を聞き出され、後日、エステサロンに来店するよう、誘われることもあります。

当日勧誘
そのままエステサロンに案内され、
その日のうちに勧誘を受ける場合もあれば、
後日呼び出して勧誘
その場で体験利用の予約を入れさせられ、後日、
お店を訪問した際に勧誘を受ける場合もあります。
アンケートなどの名目で個人情報を聞き出され、
後日、電話でお店に来るよう誘われることも。
渡されたチラシに興味を持った方が、自分から
体験利用の予約を入れることもあります。

よくあるご相談
エステサロンに行き、体験エステを受け終わったところ、
感想を聞かれ、そのまま勧誘が始まった。

体験利用のみで帰るつもりだったので、最初は契約を断ろうとしたが、
勧誘は長時間に及び、契約しないと帰れない状況になってしまった。

結局、エステのコース契約をすることになってしまった。
自分からお店に行って契約した場合でも、
クーリングオフ制度を利用することはできますか?

お店でエステティックサービスの契約をした場合、

特定継続的役務提供契約に該当する場合
クーリングオフ制度、中途解約制度が利用できます。
特定継続的役務提供契約とは、具体的には、
契約金額が5万円を超え、契約期間が1ヶ月を超える、
エステティックサービス契約、関連商品の購入契約です。

キャッチセールスに該当する場合
キャッチセールスやアポイントメントセールスに該当する場合であれば、クーリングオフ制度が利用できます。
契約金額が5万円以下、契約期間が1ヶ月以下の契約で、特定継続的役務提供契約に該当しない場合であっても、
キャッチセールスやアポイントメントセールス(特定商取引法2条1項2号)に該当する場合は、クーリングオフ制度の適用対象となります。

エステのクーリングオフ制度、中途解約制度について、詳しくは、下記のページを参考にして下さい。

     エステのクーリングオフ
     エステの中途解約

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
エステのキャッチセールス  よくある勧誘の流れ
繁華街を歩いていたところ、女性に呼び止められ、チラシを渡された。

「いまなら体験エステが1000円で利用できます」
「利用の際は、このチラシをお持ち下さい」

「無料でカウンセリングなども行っております」
「お店はすぐそこですから、これからご案内します」

「この機会に、エステを体験してみて下さい」

などと、体験エステを勧められた。

体験利用とはいえ、1,000円でエステが利用できることに興味を持ち、お店に案内してもらうことにした。
お店に入ると、まずは簡単なアンケートを書かされ、その後、体調の確認と、カウンセリングを受けることとなった。

肌を拡大して見ることのできる機械を使いながら、肌の状態を診てもらったところ、

「肌の水分量が少なく、乾燥している状態です」
「血液やリンパ液の循環が悪く、お肌のハリが悪いですね」

「肌のキメも悪く、毛穴も黒ずんで開いています」
「フェイシャルマッサージで肌質を改善しないと」

「このままでは、この線に沿ってフェイスラインが崩れてしまい、しわがくっきりと残るようになります」

「若い今のうちに対策をとらないと手遅れになります。一度しわが付いてしまったら、整形手術で「しわのばし」でもしない限り、改善されることはありません」

などと言われ、不安になってしまった。
続いて、体験でエステの施術を受けることになった。

ベテランらしきエステティシャンの方に、フェイシャルマッサージを数十分してもらった。体験ではあったが、さすがはベテラン。施術はとても上手だった。
体験エステの施術が終わると、感想を求められた。

「施術がとても上手で、気持ちよかったです」と素直に答えたところ、

「気に入っていただけたようで、何よりです。このまま肌質の改善に取り組んでいきましょう」 などと言いながら、料金やコース、システムの説明を始めた。

「美肌を保つには、若い今から徹底した対策が必要です」

「この拡大した顔の写真を見て下さい。肌のキメが悪くなっています」

「本来、肌のキメは、三角やひし形なのですが、この写真を見ると、形が崩れてしまっています。肌のキメを整えてあげないと、いずれシワができてしまいます」

「ここと、ここの箇所に、シミの元もできています」

「日常生活で浴びた紫外線が、隠れたシミの元となって、これだけ蓄積されているんです」

「肌質の改善に、早すぎるということはありません。数年後にあわてて対策を始めても、手遅れになります。若いうちから対策をした方が効果的です」

などと、肌質の改善を強く勧められた。

自分としては、体験エステだけ利用して、すぐに帰るつもりでいたが、そうもいかなくなった。

荷物や服をお店のロッカーに預け、エステ用のバスローブに着替えている状態なので、勝手に帰るわけにもいかない。

勧誘は長時間続き、結局、断れずに契約することとなってしまった。

類似のキャッチセールスの事例

  美顔器・化粧品のキャッチセールス
          クーリングオフ手続の方法は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
       日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
北海道 から 沖縄 まで 日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る