クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応   
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
東京 関東 近畿 中部 だけでなく 日本全国 のクーリングオフ手続を代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
パソコンスクール パソコン教室
パソコンスクールやパソコン教室は、

「特定継続的役務提供契約」に該当する契約であれば、営業所等で契約した場合であっても、「クーリングオフ制度」と「中途解約制度」の適用対象となります。

また、また、特定継続的役務提供契約に該当しない場合でも、「訪問販売」により契約した場合は、「クーリングオフ制度」の適用対象となります。

一般的に、パソコンスクールの契約はスクールで行われますので、訪問販売に該当するケースは少なくなりますが、

まれに、アポイントメントセールス(呼び出し販売)や、飲食店で勧誘が行われるケースがあります。
  英会話やPC、就活のアンケート商法

パソコンスクールやパソコン教室が、特定継続的役務提供契約に該当するには、下記の要件を充たす必要があります。

役務の内容
電子計算機又はワードプロセッサーの操作に関する知識又は技術の教授。
例  ワード・エクセル・オフィス・MCASなど、パソコンの操作方法に関する指導
例  ワープロスクールなど、ワープロの操作方法に関する指導
金額要件
支払金額が5万円を超えるもの
期間要件
提供期間が2カ月を超えるサービス提供契約であること
関連商品
上記サービス契約と関連して購入した、指定された関連商品であること。

特に、
支払金額が5万円を超えるもの
長期間の契約 (2ヵ月を超える契約)

であることがポイントとなります。

つまり、【月謝制】 のパソコンスクール、パソコン教室については、利用は月単位となり、長期間契約に拘束されることがないため、特定継続的役務提供契約には該当せず、クーリングオフ制度の対象とならない場合があります。

もちろん、月謝制の場合であっても、訪問販売に該当する場合や、事業者側が自主的にクーリングオフ特約を設けている場合もありますので、確認が必要となります。

パソコンスクール、パソコン教室は、2003年の法改正により、クーリングオフ制度・中途解約制度の適用対象となるサービスとして指定されました。

寄せられるご相談は、大手パソコンスクールについてのご相談がほとんどです。ただ、これはコース制を採る大手PCスクールの契約者数が多いことが理由であり、勧誘に問題があるという意味ではありません。

クーリングオフの理由として多く寄せられるものは、「高額なので、やはり考え直したい」 という理由です。

例えば、大手パソコンスクールの長期コース契約などでは、受講費用に20万円〜40万円程度かかることがあるため、

「予算の都合もあり、やはりクーリングオフしたい」という理由でクーリングオフ代行を依頼される方が多く見られます。

なお、パソコンスクール、パソコン教室の契約は、特定継続的役務提供契約に該当する場合であれば、

スクールや営業所で契約した場合でも、
自分の意思でスクールに出向いて契約した場合でも

理由の有無に関わらず、クーリングオフ制度の対象となります。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で

クーリングオフ
書面受領日を含めて8日間以内

中途解約
8日間経過以降〜役務の有効期間内まで
サービス利用開始前に解約
契約の締結及び履行のために通常要する費用として 15,000円の負担
サービス利用開始後に解約
既に利用した役務の代金
使用・損耗した関連商品代金
いわゆる解約損料として5万円又は残額の20%いずれか低い額の負担
   「提供したサービスの対価」に含まれ得る範囲で
   「初期費用」(15,000円以下)を含めて計算する場合もあります。

パソコンスクールのうち、主に就職活動を控えた学生を対象とした「パソコンスクール 英会話講座 就職活動対策」 の複合契約については、下記のページを参考にして下さい。
  就活・英会話・パソコンスクール
また、パソコンスクールとは直接関係がありませんが、在宅ワーク商法・パソコン内職商法については、下記のページを参考にして下さい。
  在宅ワーク商法/内職商法
関連して購入した商品も、クーリングオフの対象となります
パソコンスクール、パソコン教室の契約では、特定継続的役務提供契約に該当する場合、授業や指導などの役務提供契約だけでなく、指導に関連して購入した商品(指定された関連商品)についても、クーリングオフ制度の対象となります。

特定継続的役務提供契約の関連商品としては、下記の商品が指定されています。

電子計算機及びワードプロセッサー並びにこれらの部品及び附属品
パソコン ワープロ 電子計算機
上記の部品や附属品
書籍
書籍 テキスト
磁気的方法又は光学的方法により音、映像又はプログラムを記録した物
CD-ROM CD-R DVD-ROM MO DVD CD ハードディスク フロッピー
ビデオテープ カセットテープ  など
             クーリングオフは、内容証明郵便で
クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応  
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
             日本全国のクーリングオフ手続を代行します
東京 関東 近畿 中部 だけでなく、北海道から沖縄 まで 日本全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
Index に戻る