クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応   
電話相談無料  朝8時~深夜2時まで
5500件を超す解約実績
東京 関東 近畿 中部 だけでなく 日本全国 のクーリングオフ手続を代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
磁気活水器の訪問販売
配管に設置する磁化処理装置
磁器活水器の訪問販売は、大きく分けて、

1 マンションの入居者を対象とする訪問販売
2 マンションに設置された給湯器の点検、メンテナンスを名目に訪問し、
勧誘するタイプ
3 一戸建て住宅や高齢者を狙って、排水管洗浄・点検の名目で訪問し、
「配管が痛んでいる」「磁化処理装置が必要」などと勧誘するタイプ
4 太陽熱温水器購入者を狙った、磁気活水器の2次勧誘

などの種類があります。
マンション入居者を対象とする、磁気活水器の訪問販売
新築マンションに入居すると、どこから聞きつけたのか、さまざまな訪問販売がやってくるようになります。磁気活水器以外にも、

    換気扇フィルター コーティング工事
    ディスポーザー 生ゴミ処理機

などの訪問販売が来ることがあります。

悪質な業者の中には、「マンション管理会社から委託された」「管理組合から委託された」「入居者には設置の義務がある」などと、入居者を錯覚させて勧誘を行う業者もあります。

しかし、契約後、不審に思い管理会社や管理組合に問い合わせたところ、

「他の入居者の方からも、同じような問い合わせが何件か来ていますが、管理会社とは何の関係も無い業者です」
「このマンションは最新の建築技術が使われていますので、赤錆やスケールの対策は、マンション全体で施されています」
「配水管は、赤錆やスケールの出にくいタイプを使用していますし、配水管に微電流を流して殺菌していますので、ぬめりも付き難いんです」
「部屋ごとに磁気活水器を設置する必要はありません」

と言われ、悪質な訪問販売に遭ったことに気がついた、というご相談が寄せられております。

よくある新築マンションへの磁気活水器の訪問販売
新築マンションに入居後、突然男性が訪問してきた。
「マンション管理会社から委託を受けて伺いました。水回りのメンテナンスについて説明を行っています」などと言いながら、部屋にあがりこみ、説明を始めた。
「マンションで最も傷みやすい箇所は、水回り、給水管や配水管です。新築のうちから対策を講じておかないと、配水管に赤錆が発生したり、ぬめりや雑菌で水が汚れてしまいます」
「磁気活水器を設置することで、ぬめりや雑菌の発生を抑え、水に含まれる有害物質も除去することができます。赤錆やスケールの発生を抑え、配水管の寿命を延ばすことも出来ます」
「発生してからでは手遅れになります。新築の今のうちから、磁気活水器を設置しておく必要があります」などと説明しながら、磁気活水器を設置するよう勧められた。
マンションの管理会社から委託を受けたという説明もあったので、仕方なく設置してもらうことにした。
しかし、後日、マンションの管理会社に問い合わせると、

「管理会社とは関係の無い業者です。他の入居者の方からも問い合わせが来ています」「このマンションの配水管には最新の対策を施してありますので、わざわざ磁気活水器を設置する必要はありません」 とのことだった。
磁気活水器の設置工事は受けてしまっているが、クーリングオフして、磁気活水器を取り外してもらいたい。

よく、
「既に磁気活水器を設置済みですが、
 今からでもクーリングオフできますか?」

というご相談が寄せられますが、既に設置工事を受けていても、既に磁気活水器を使用していても、クーリングオフ期間内であれば、クーリングオフ制度を利用することができます。違約金や損害賠償、撤去費用の負担も、原則として必要ありません。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
給湯器の点検商法
給湯器の点検・メンテナンスを名目に訪問し、
入居者に磁気活水器の設置義務や給湯器のメンテナンス義務があると錯覚させる、磁気活水器、磁化処理装置の訪問販売

よくある勧誘の流れ
1 まずは、給湯器の、架空の清掃義務を説明
「給湯器のメンテナンスについて、管理会社から委託を受けて、説明に伺いました」
「給湯器の配管は、定期的に清掃をしないと水詰まりを起こしてしまいます。もし配管が水詰まりを起こすと、給湯器が空焚きの状態になり、火災の原因になります
「そのため、入居者には、定期的に給湯器の清掃を行う義務があります」
                          
2 次に、メンテナンスは大変な作業であることを説明
「これから、給湯器の点検と、清掃の方法を説明します」
「給湯器の点検と清掃は、入居者の責任で毎月行う必要があります」
                          
3 解決策として、磁化処理装置の設置を勧めます。
「でも、毎月のメンテナンスは面倒ですよね?」
「この磁化処理装置を設置すれば、配管の詰まりを防ぐことが出来ますので、毎月の清掃は必要なくなります」
「高価な給湯器の寿命を伸ばすこともできます」

などと虚偽の説明を行い、磁気活水器の設置を勧めます。
排水管洗浄をきっかけとする点検商法
よくある、一戸建住宅への磁化処理装置の訪問販売
ある日、自宅に作業服姿の男性が訪問してきた。
「格安で排水管の洗浄を行っています」とのことだったので、この機会にお願いすることにした。
簡単な洗浄作業をしてもらった後、男性が、

「家を建ててから、だいぶ時間が経っているようですね。排水管が傷み始めています。今はまだ大丈夫ですが、このまま放置していると、排水管が駄目になり、排水が漏れ出すおそれがあります」

などと言い出した。
男性は、

「排水管に磁化処理装置を設置することで、鉄の酸化を防ぎ、
 赤錆やスケールの発生を抑え、排水管の寿命を延ばすことが出来ます」
「手遅れになる前に、対策を講じないと」

などと、排水管に磁化処理装置を設置するよう、勧めてきた。
確かに、この家を建ててから数十年が経過しているし、排水管が傷んでいても不思議ではない。排水管は自分で目視できる場所ではないし、いい機会だから設置をお願いすることにした。
しかし、後からよく考えると、本当に排水管が傷んでいたのか、疑問に感じるようになった。

そもそも、何十年も経過している排水管に、いまさら高価な磁化処理装置を設置することに意味があるのか、疑問を感じる。
既に設置工事を受けているが、今からでもクーリングオフして、磁化処理装置を取り外してもらいたい。
太陽熱温水器購入者を狙った、磁気活水器の2次勧誘
詳しくは    太陽熱温水器の契約者を狙う二次勧誘
性能を大げさに誇張するケース
一部の悪質な磁気活水器の勧誘においては、

「磁気活水器で塩素やトリハロメタンを除去できる」
「カートリッジ交換不要の経済的な浄水器です」

などと、大げさな説明が行われることがあります。

よくある過大な説明
磁気活水器の磁力活性効果で、水の分子構造が変化します。水のクラスターが小さくなり、まろやかでおいしい水になります。
塩素やトリハロメタンを除去することができ、水分の浸透力も増すので、ご飯やお茶がおいしくなります。
水が磁気活性水となるので、健康にも良いのです。磁石を使った健康器具はご存知ですか?
磁力活性された水には、制菌作用がありますので、キッチンや水周りのぬめり・赤カビも発生しにくくなります。
お風呂に入ったときの、塩素のピリピリ感が軽減されます。また、水の浸透力が強いので、お肌の保湿効果も持続します。体の芯から温まるようになります。
洗濯の汚れ落ちも良くなります。
普通の浄水器は、定期的にカートリッジ交換が必要ですので、その交換費用はかなりの負担になります。

しかし、磁気活水器にその心配はありません。磁石の磁力、活水効果は半永久的ですから、浄水器よりもお徳です。

などと、科学的根拠が不明な、オーバーな説明を行うことがあります。

ワンポイント
磁気活水器の性能については、

平成20年8月20日 磁気活水器の性能試験結果

が参考となります。

上記サイトの結論を要約しますと、
「磁気活水器にトリハロメタンや残留塩素を除去する効果はない」
ということになります。
             クーリングオフは、内容証明郵便で
クーリングオフ手続の代行と、ご相談
日本全国対応  
電話相談無料  朝8時~深夜2時まで
             日本全国のクーリングオフ手続を代行します
東京 関東 近畿 中部 だけでなく、北海道から沖縄 まで 日本全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円~15000円 前後です。
Index に戻る