クーリングオフ手続の代行と、ご相談
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
排水管洗浄をきっかけとする点検商法
排水管洗浄の名目で戸建住宅を訪問し、

「この機会に、無料点検させていただきます」

などといいながら、結局、リフォーム工事や磁気活水器の勧誘を行う 「点検商法」 について、ご相談が寄せられています。

戸建住宅への点検商法は、高齢者を狙う訪問販売でよく利用される手法で、扱われる商品、役務としては、

    シロアリ駆除、消毒
    床下換気扇の設置工事
    床下調湿剤の散布工事
    基礎の補強工事
    屋根塗装工事
    屋根リフォーム工事
     耐震補強工事
    外壁塗装工事
    外壁リフォーム工事
    浴室リフォーム工事
    トイレリフォーム工事
    磁気活水器、磁化処理装置
     浄化槽の設置
    配管のオゾン洗浄工事

などがあります。
よくある勧誘
担当者が突然訪問してきて、「10,000円〜30,000円程度の、排水管洗浄工事」の勧誘を行います。
割安感のある工事のため、「せっかくだからやってもらおうか」と工事を申し込むと、まずは低額な排水管洗浄工事に係る契約書を交わします。

排水管の洗浄工事を行ってもらい、その場で代金を払うと、今度は「この機会に家の無料点検を行いましょう」などと言いながら、家の点検を開始します。
床下にもぐりこんだり、家に上がりこんで浴室やトイレを点検したり、屋根に上ったりします。

点検の結果、

「水漏れしています。配管が傷んでぼろぼろになっています」
「床下に換気扇を設置して、乾燥した状態にしないと、木部が腐り大変なことになります」
「浴室が古くなっていて、床下に水漏れしています。このままでは家の基礎部分が湿気でやられて大変なことになります」「浴室をリフォームしないと」
「シロアリが発生しています。このままでは家の主要構造部分がシロアリに食い荒らされて、地震に耐えられなくなります」「いまのうちに急いで消毒しないと」
「湿気で基礎部分がやられています。基礎部分のコンクリートを補強しないと」
「金具をたくさん設置して、地震に耐えられるよう、補強工事をしないと」
「屋根が破損して雨漏りしています。このままでは家の主要構造部分にまで水が染み込んで腐り始めます」「今のうちに屋根を塗装し直さないと」
「外壁にクラックが発生して、雨水がしみこんでいます」「被害が拡大しないよう、いまのうちに外壁塗装工事をしないと」
「排水管にぬめりや赤錆が発生しています」「排水管洗浄だけでは不十分です」「磁化処理装置を付けて、排水管が傷まないようにしないと」
「太陽熱温水器が古くなっていて、配管がぼろぼろになっています」「オゾン洗浄工事をしないと」「配管が傷まないよう、磁気活水器をつけないと」「お湯を安全に使用できるよう、専用の浄水器を設置しないと」

などと、不安を煽り、リフォーム工事を勧めたり、磁気活水器や磁化処理装置の設置を勧めたりします。

高齢者が狙われるケースが多く、

「週末に実家に帰ったら、高齢の両親がいつのまにか高額な契約をしていた」
「排水管洗浄をしてもらった後に、リフォーム工事の勧誘を受けたらしい」

というご相談が、頻繁に寄せられています。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で

一度契約した後に、次々にリフォーム工事を勧める「二次被害」についてのご相談も寄せられております。それぞれの詳しい事例については、

    シロアリ駆除/床下補強工事
    浴室リフォーム工事
    外壁塗装/外壁リフォーム
    屋根工事/屋根リフォーム工事
    磁気活水器の訪問販売
    太陽熱温水器/二次被害
          クーリングオフ手続の方法は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
       日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
北海道 から 沖縄 まで 日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る