クーリングオフ手続の代行と、ご相談
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
太陽熱温水器 の訪問販売
太陽熱温水器は愛用者も多く、定評のある商品ですが、

現在は、太陽光発電システムや、オール電化 (ヒートポンプや深夜電気温水器) の人気が高く、住宅用太陽熱温水器の新規契約に係るご相談は減少しています。

最近では、「太陽熱温水器の配管洗浄」「オゾン洗浄」「太陽熱温水器に設置する磁気活水器」などについてのご相談が寄せられています。

太陽熱温水器とは
太陽光を熱源として、水を加熱し、給湯します。
「自然循環式」「タンク一体型」が多く見られます。
屋根の上に、大きな貯湯槽の付いた集熱器が設置されるため、その特徴的な外観から、訪問販売の勧誘対象として選ばれてしまうことがあります。
エネルギー変換効率が高く、費用対効果も高いのが利点。
機器の寿命は一般に20年程度と言われていますが、屋根に200kg近い機器を設置しなければならず、地震対策として撤去する世帯も増えています。
一部の悪質な訪問販売について
    太陽熱温水器に係る訪問販売で問題となるケース

強引な勧誘 体育会系の、押せ押せの勧誘
二次被害 「契約を引き継いだ」などと偽り新たな契約を勧めるケース
配管洗浄や磁気活水器などの二次勧誘・二次被害

しつこい訪問販売
しつこい訪問。体育会系の押せ押せの営業スタイルで、長時間居座り、しつこく勧誘するケースがあります。
また、断っているにも関わらず、「日参すれば熱意でなんとかなる」とばかりに、何度も訪問してくるケースがあります。

「契約を引き継いだ」と偽り訪問してくる二次勧誘
既に設置されている他社の太陽熱温水器について、「契約を引き継ぎました」
「今後のメンテナンスは当社が担当します」などと偽り、点検やメンテナンスの名目で訪問。
点検の後に、「この太陽熱温水器はもう寿命です」「配管が腐食して、ところどころ水漏れがしています」「メーカーが倒産したため、部品はもう手に入りません」などと、事実と異なることを告げ、

新たな太陽熱温水器に買い換えるよう勧めたり、あるいは、「この機会に、太陽光発電システムを購入した方がよい」 などと勧誘するケース

見本工事商法
「こちらのお宅は表通りに面していますので、当社の工事実績のアピール、工事のモデル事例として、申し分ない立地です」

「今日契約していただければ、モデル工事につき、特別に割引価格で工事することができます」

「モデル工事の募集は今日までです。この価格は本日限りです」
「今日急いで結論を出しましょう」
などと、有利な取引と誤解させたり、契約を急がせるケース。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
太陽熱温水器の契約者を狙う、二次勧誘・二次被害
過去に設置した太陽熱温水器に関する、二次勧誘、二次被害についてのご相談が増えています。

太陽熱温水器は、1980年代から1990年代にかけて流行していましたが、1995年頃をピークに、その数を減らしつつあります。

太陽熱温水器の耐用年数は、一般的に20年程度と言われていますので、「老朽化に伴うメンテナンス」「新たな機器への更新」「機能を失ったまま放置されている機器の撤去」が必要な機器も増えています。

そのため、

太陽熱温水器の配水管のオゾン洗浄を勧める訪問販売
「太陽熱温水器の寿命が長くなる」などと設置を勧める、
磁気活水器 の訪問販売
「太陽熱温水器に循環させる水を、浄水もせずに風呂に使って
いると病気になる」 などと不安を煽る、浄水器 の訪問販売
「太陽熱温水器を撤去して、屋根を補修した方がよい」と勧める、
屋根リフォーム、屋根塗装 の訪問販売。

特に、一部の訪問販売業者による「太陽熱温水器の配水管のオゾン洗浄」についてのご相談が寄せられています。

よくある事例
太陽熱温水器の、メンテナンス名目の訪問販売
太陽熱温水器のメンテナンス名目で訪問し、

「配水管や貯湯タンクが老朽化していて、雑菌が繁殖しています。殺菌洗浄しないと、レジオネラ菌などが繁殖して、いずれ病気になるかもしれません」

「配水管に赤錆が発生しているようですね。今のうちに洗浄しておかないと、いずれ配水管が傷んで目詰まりを起こし、太陽熱温水器が使えなくなるかも」

などと、必要以上に不安を煽り、数十万円する配水管洗浄作業、オゾン洗浄を勧めるケース。
「契約を引き継いだ」などと偽って訪問するケース
「以前契約された太陽熱温水器の販売店が倒産しました。倒産会社の破産管財人から、当社が今後のメンテナンスを委託されました」
「過去に契約された太陽熱温水器の販売店ですが、行政処分を受けて倒産したため、当社が契約を引き継ぐこととなりました」
などと偽って、機器のクリーニングや、配水管洗浄を勧めたり、磁気活水器の設置を勧めたりします。
「メーカーが倒産して部品が入手できなくなった」などと、新たな太陽熱温水器や、太陽光発電システムの設置を勧めてくるケースもあります。
配管に取り付ける磁気活水器の訪問販売
「太陽熱温水器の配水管に、この磁気活水器を取り付けることで、配水管に赤錆やぬめりが発生しにくくなる」

「メンテナンスの回数が減り、太陽熱温水器の寿命も伸ばすことができる」などと、科学的根拠が不明な説明をして、磁気活水器の設置を勧誘するケース。
浄水器・浄水装置の訪問販売
「配水管を通る水には、配水管の汚れなど、不純物が含まれているので、ろ過しないと配水管が目詰まりを起こす」
「老朽化で、貯湯タンクや配水管に雑菌が繁殖しやすくなっている」「このままの状態でお湯をお風呂に使うと、そのうち病気になる」
などと不安を煽り、必要性が疑問な浄水器・浄水装置を勧めるケース。
          クーリングオフ手続の方法は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時まで
       日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
北海道 から 沖縄 まで 日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る