電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
外壁塗装工事 外壁リフォーム工事 の訪問販売
外壁塗装や外壁リフォームの訪問販売について、

契約を急ぎすぎたので、一旦契約を白紙に戻し、最初から検討し直したい。
他社からも見積りを取って、比較検討したい。
「クラックが入っているから、工事した方が良い」
「近くで工事をしてるから、安く工事が出来る」
「モデル工事を募集している」
などと説明されて契約したものの、後から考えるとどうもおかしい。

などのご相談が寄せられています。

リフォーム工事の契約は、複数の工務店に見積もり依頼し、比較検討した上で最終的な判断をするのが一般的ですが、訪問販売では、担当者から熱心なセールスを受けるため、

そもそも、外壁塗装や外装工事をする必要があるのか。
他の工務店との比較検討。見積りの比較。

本当に工事が必要かどうか、検討不足の状態で契約をしてしまうことがあります。

また、一部の訪問販売業者による「点検商法」「見本工事商法」についてのご相談も寄せられています。そのため、

契約を一旦白紙に戻し、最初からもう一度検討したい
訪問販売で外壁外断熱工事の契約を勧められ、300万円近い契約をした。
訪問販売で外壁塗装と屋根塗装の工事を勧められ、200万円近い契約をした。
契約金額が大きすぎるので、一旦クーリングオフして、契約を白紙に戻したい。
工事が本当に必要かどうかも含め、冷静になって、最初から検討し直したい。
他の工務店からも見積りを取って比較検討したい
担当者に勧められるまま契約をしてしまったので、他の工務店から見積りを取る時間が取れなかった。
契約後に、自分でも相場を調べてみたが、塗料や部材によって値段が変わるため、契約が高かったのか安かったのか、自分ではよく判らなかった。
複数の工務店から見積りを取り、もう一度検討したい。
モデル工事商法で、契約を急かされてしまった
「モデル工事を募集しています」「モデル工事特別割引が利用できます」「募集は今日までです」「急いで決めましょう」などと、契約を急かされてしまった。
急いで契約してしまったことを後悔している。一旦クーリングオフして、契約を白紙に戻したい。
点検してもらったが、本当に工事が必要なのか疑問
「御宅の外壁にクラックがあるようです」「無料で点検させていただきます」などと言われ、無料点検を利用した。
診て貰ったところ、「外壁や屋根が傷んでいる」「このまま放置すると手遅れになる」「この機会に対策を講じた方が良い」などと言われ、リフォーム工事の契約を勧められた。
しかし、契約後によく考えると、本当に外壁や屋根が傷んでいたのか、本当にリフォーム工事が必要だったのか、だんだん疑問を感じるようになった。
近くで工事していると言っていたが、それらしい現場が見当たらない
「近くで工事をしていますので、資材運搬費などが必要ありません」「通常よりも安く工事が出来ます」などと説明されて契約した。
しかし、よく考えると、近所にそれらしい工事現場が見当たらない。最近まで工事をしていた民家も記憶に無い。
相手業者の信用や、工事の質についての確認不足
相手の会社名をインターネットで調べてみたら、評判があまりよくなかった。
クーリングオフ期間が過ぎてからも、きちんと工事をしてくれるか、ちゃんと対応してくれるのか、心配。

などのご相談が寄せられています。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で

訪問販売で扱われる、外壁リフォーム工事の種類
外壁塗装工事
外装工事
外壁リフォーム工事
アルミサイディング工事
屋根塗装工事
外壁リフォーム工事と同時に、屋根工事を勧められることもあります。
詳しくは    屋根リフォーム工事の訪問販売
一部の悪質な勧誘の例
点検商法
ある日、外壁リフォーム会社の担当者が、自宅に訪問してきた。

「近くで工事をしている会社の者ですが、御宅の外壁にクラックが入っているのが見えましたので、声をかけさせていただきました」

「クラックを放置していると、雨水が浸み込んで腐食の原因となったり、家の主要構造部が傷む原因となります」

「当社は現在、この近くで工事を行っていますので、この機会に、無料で外壁の点検と、見積もりをさせていただききます」

などと言われ、無料点検をお願いすることにした。
「この近くで工事をしている」 という不審な説明
ある日、自宅にリフォーム会社の担当者が訪問してきた。

「この近くで工事を行っている工事会社の者です」

「実は、当社の社長から、

「せっかくこの地域まで工事に来たのだから、1軒だけの工事で帰るのはもったいない。せっかく運んできた工事資材や部材の運搬費が無駄になってしまう。サービス価格でも構わないから、もう1軒、工事を募集して来るように」

と指示を受け、この地区限定で、案内をさせていただいております」

「もうすぐ近所での工事も終わりますので、今なら特別価格で工事をさせていただきます。工事用の足場がそのまま使えますので、不要となる工事資材の運搬費用、人件費、燃料費を、すべて割り引くことが出来ます」

「特別に、足場架設費用もカットさせていただきます」

「実は、いま工事している現場から、お客様の御宅の屋根が見えたのですが、屋根にいくつか破損している個所がありました。外壁の上部にもクラックがいくつか見えましたので、最初にお客様の御宅からお勧めしようと思い、声をかけさせていただきました」

「屋根の破損箇所を放置していると、雨水が漏れて、木部が腐り始めるおそれがあります」

「外壁のクラックや、コーキングの切れ目も補修しませんと、雨水が浸み込んで、柱が傷む原因となります」

「このまま放置していると、そのうち主要構造部にまで水が入り込んで、家の寿命を縮めてしまうかもしれません。いまのうちに対策を講じた方がいいです」

などと勧められた。

家を建ててから二十年近く経っていることもあり、「いくつか破損している箇所があるのなら、いい機会かもしれない」と思い、そのままリフォーム工事を申し込むことにした。

しかし、勧められるまま申し込みをしたものの、他の工務店で見積もりを取っていないため、実際の相場がどの程度なのか、本当に安くなっているのか、よく判らない。

また、いくつか破損箇所があると言われたが、よくよく考えると、タイミングが良すぎる。本当に破損個所があったのか、疑問を感じる。

そもそも、担当者は近所で工事をしていると言っていたが、それらしい工事をしている家は、近所に見当たらない。
モデル工事商法
「当社では、キャンペーンとして、この地域でモデル工事を募集しています」

「当社は、この地域に進出してきたばかりですので、モデルとなる工事実績を作り、この地域でのPRに繋げたいと考えています」

「この地域限定で募集していますが、好評につき、募集枠は残りあと2軒です」

「今日お申し込みいただければ、モデル工事特別価格として、80万円の値引きが可能です。モデル工事ですので、さらに、足場架設費用や、資材搬入費も不要となります」

「モデル工事の募集枠は残りあと2軒ですから、募集は今日限りになると思います。あとで後悔することの無いよう、今日結論を出してしまいましょう」

などと熱心に勧誘を受けた。

値引き額がかなり大きかったので、得をした気分になり、そのまま自宅で申込みをすることになった。
 クーリングオフ手続は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
 日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る