電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
蓄電池と太陽光発電システムの訪問販売
家庭用蓄電システム リチウムイオン蓄電池
太陽光発電システムの普及に伴い、太陽光発電と連携する家庭用蓄電システムも普及しつつあります。

太陽光発電連携型大型蓄電池
日中の余剰電量を蓄電することで、
夜間や天候不良時にも安定して電力を供給できる。
さらに、深夜電力を利用して蓄電することで、
安定した電力供給をが可能となる。

また、定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金などの、国からの補助金、地方自治体の補助金制度も始まり、今後の普及が見込まれます。

そのため、家庭用蓄電システムの設置を勧める訪問販売についてのご相談も増えつつあります。

既に太陽光発電システムを導入している方に
追加で設置するよう勧める訪問販売
太陽光発電と家庭用蓄電システムを
セットで新規導入するよう勧める訪問販売

訪問販売では、担当者から熱心なセールスを受けることで、

そもそも家庭用蓄電システムが本当に必要かどうか
他の工事業者から見積りを取り、比較検討していない

検討不足のまま、その場の勢いで契約してしまいがちです。そのため、

以前契約した会社から、再勧誘を受け、納得いかない
何年か前に太陽光発電の契約をしたことがあり、その時と同じ工事会社のセールスマンが訪問してきて、家庭用蓄電システムを設置するよう勧められた。
以前の契約のアフターフォロー程度に考えていたが、長時間の勧誘を受けてしまった。
邪険にすると、現在設置している太陽光発電システムのサポートが受け難くなるような気がして、あまり強く断ることができなかった。
契約を急ぎすぎた。契約を一旦白紙に戻したい
訪問販売で蓄電システムを勧められ、300万円近い契約をしてしまった。ローン手数料も含めると、支払額はさらに高額なものとなる。
数百万円も費やす意味があるのか、よく検討したい。
一旦は契約したものの、やはり高額すぎる
家庭用蓄電システムは、出力にもよるが、200万円〜300万円する契約が多く、金額が大きすぎる。
太陽光発電システムと同時に蓄電システムも契約したため、全体で数百万円もの契約となり、最後まで支払うことができるのか、だんだん不安になってきた。
相場と比較して高い。見積りを取り直して再検討したい
機器の型番をインターネットで検索して調べてみたところ、相場よりだいぶ高いことが判った。
担当者に確認したところ、「その分、工事代金が安くなっているんです」などと、よくわからない返答をされ、どうも納得がいかない。
補助金制度を利用できなかった
以前に太陽光発電システムの契約をした会社から説明のために担当者が訪問してきた。担当者からは、

「新たに蓄電システムの補助金制度が始まりました」
「これから普及していく商品です」
「太陽光発電システムと相性が最高なんです」

などの説明があり、自分も補助金制度が利用できるものだと思っていたが、予算に限りがあるのか、自分の契約では補助金制度が利用できなかった。

などのご相談が寄せられています。

訪問販売で扱われる家庭用蓄電システムは、出力により異なりますが、200万円〜300万円程度の契約が多く見られます。

また、家庭用蓄電システムと併せて、太陽光発電システムの契約を勧められることも多く、その場合、契約金額が400万円を超えることも珍しくありません。

  太陽光発電システムの訪問販売

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
 クーリングオフ手続は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
 日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
クーリングオフ代行費用は 15000円 前後です。
  Index に戻る