電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
飲食店などで契約した、探偵の調査委任契約
探偵事務所、興信所、調査事務所と契約した調査委任契約について、
訪問販売に該当する場合、クーリングオフ制度の適用対象となります。

よくあるケース
浮気調査を依頼しようと、探偵事務所に問い合わせをしたところ、
自宅から少し離れた喫茶店で会うこととなった。
そのまま喫茶店の店内で、調査委任契約書にサインをして、
正式に調査を依頼することになった。
飲食店でした契約は、「訪問販売」に該当するため、
クーリングオフ制度が利用できます (8日間以内)
訪問販売に該当する場合とは
たとえば、

喫茶店やファミリーレストランなどの、飲食店の店内 
カラオケボックス
ホテルのラウンジ、ロビー、客室内
自動車の車内や、路上、駅など
自分の勤務先に来てもらって、勤務先で契約した場合

これらの場所で行った申込み又は契約は、

訪問販売
営業所等以外の場所でした申込み又は契約

に該当するため、申込書等を受領した日を含めて8日間以内であれば、クーリングオフ制度の適用対象となります。

自分の側から上記の場所を指定して、相手業者に来てもらった場合でも、申込み又は契約をした場所が上記の場所であれば、訪問販売としてクーリングオフ制度の適用対象となります。

訪問販売としてクーリングオフ制度の適用対象となる場合
訪問販売に該当する場合、調査事務所がすでに調査に着手している場合であっも、クーリングオフ手続をすることにより、調査料、違約金、損害賠償の負担義務はなくなります。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
クーリングオフ制度の適用対象となるか、注意が必要な場合
自分から 「自宅」 を指定して来てもらった場合
特定商取引に関する法律 26条5項1号で定めるクーリングオフ制度の例外規定に注意が必要となります。

「その住居において申込みをし又は契約を締結することを請求した者に対して行う訪問販売」

に該当する可能性があります。詳しくはご相談下さい。
自分の側から事務所に行き、契約した場合
営業所等で申込み又は契約をした場合は、訪問販売に該当しない可能性が考えられます。
(呼び出し販売やキャッチセールスに該当する場合は別です)
調査を勧める電話勧誘
まれに、「探偵事務所からの電話勧誘」 についての相談が寄せられることがあります。

過去の先物取引被害について、調査を勧める電話勧誘
過去の教材の電話勧誘について、調査を勧める電話勧誘

「被害回復を図るためにも、調査した方がよい」
「対策を講じるためにも、調査した方がよい」

などと電話で勧誘され、申込書又は契約書が郵送されてくることがあります。

もし電話勧誘の後に書類が送られてきた場合、書類を放置してはいけません。
詳しくは、

  電話勧誘 郵送された書類に注意
 クーリングオフ手続は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
 日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る