電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
5500件を超す解約実績
  日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
Index に戻る クーリングオフは、内容証明郵便で 連絡先/ご相談
CO2排出権 二酸化炭素排出権 のCFD取引
訪問販売とクーリングオフ
「電話で勧誘を受け、後日、飲食店に呼び出された」
「飲食店で、欧州気候取引所でのCO2排出権取引についての契約をした」
「電話で勧誘を受け、後日、自宅に訪問を受けた」
「自宅でCO2排出権取引についての契約をした」

CO2排出権取引(CO2排出権のCFD取引)に係る訪問販売についてのご相談が寄せられています。

2010年前後に「ロコ・ロンドン金取引」や「海外商品先物オプション取引」が流行していましたが、2011年1月の商品先物取引法の施行に伴い、法律の隙間とも言える「CO2排出権のCFD取引」についてのご相談が寄せられるようになりました。

2013年11月現在においては、CO2排出権のCFD取引は、

商品先物取引法
金融商品取引法

いずれの適用も無いため、無許可・無登録業者が勧誘を行っても、違法とは言えません。(2013年11月現在)

ただし、特定商取引に関する法律の適用は受けるため、自宅への訪問による契約や、飲食店での契約 (つまり、特定商取引に関する法律2条1項1号の訪問販売に該当する場合) については、クーリングオフ制度の対象となります。

CO2排出権のCFD取引を、訪問販売により契約した場合
特定商取引に関する法律2条1項1号に該当する取引の場合、訪問販売として、クーリングオフ制度の対象となります
その場合のクーリングオフ期間は、書面受領日から起算して8日間となります。(特定商取引に関する法律9条1項)

よく寄せられるご相談としては、

仕組が複雑で、よく理解できない
「私たちに任せてもらえれば大丈夫」と言われたが、よく理解できないまま取引を始めてよいのか不安。
そもそも、CO2の排出権の取引という仕組み自体、よく判らない。何となく環境に良さそうなイメージはあるが、排出権を買って何をするのか、よく判らない。
相場が上がるのか下がるのか、自分で判断できない
CO2排出権取引やECXなど、契約するまで、存在すら知らなかったもので、自分では投資判断が出来ない。
勧誘の際は、何となく、よさそうな説明を受けたが、何度資料を読んでも、よく判らない。自分に出来る取引なのか、だんだん心配になってきた

「仕組がよく判らない」 というご相談が寄せられています。

クーリングオフは、必ず書面で手続を行う必要があります。
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明で郵送するなど、
クーリングオフの証拠となる書類を確保する必要があります。
担当者や販売店に電話で申し出ても、証拠は何も残りません。
  クーリングオフは、内容証明郵便で
 クーリングオフ手続は、内容証明郵便で
 
電話相談無料  朝8時〜深夜2時 まで、電話対応
 日本全国のクーリングオフ手続を、行政書士が代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 北海道 から 沖縄 まで 全国対応
依頼件数 5500件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。
クーリングオフ代行費用は 8500円〜15000円 前後です。
  Index に戻る